FC2ブログ

えんぴつクラブはじまります!

大変お久しぶりの更新になってしまいましたが、最近も受講生の皆さんはレッスンに励んでいます!

ここで、新講座のお知らせです!!

えんぴつクラブ-20230713


年長さんを対象とした、「えんぴつクラブ」を開講します。
えんぴつクラブで使用する教材は日本習字オリジナルのもので、ひらがな50音とその正しい書き取りを主な目標としています。また、それと同時に、文字を書くための姿勢や持ち方なども学んでいただけるので、きれいな文字を習得する第一歩としてはおすすめです。全12回(当教室では4カ月にわたって月3回ずつ)の短期集中講座ですので、気軽に基礎力を身につけられるカリキュラムになっています。

教材もとってもかわいく、子どもさんも楽しく学べると思います!

8月開講です。幼児向け講座で受講定員は多くありませんので、興味がある保護者の方はお早めにお問合せください。

タイムカプセル

皆さんは、タイムカプセルを埋めたことはありますか?
今よくよく思い返せば、小学生の時、電柱の真ん中にタイヤが積み重なった謎の遊具付近にクラスメイトで埋めた記憶があります。現在その場所は、放課後学童クラブの建物が建っていて、みんなで掘り起こそうと決めた期限はかなり前に過ぎているのですが、どうなったのでしょうか…ん?僕が呼ばれてないだじゃないのかと思ったりもしますが、その話は置いておきましょう

今回、財団から頂いたキットを使って、生徒部の皆さんと1年後の自分へ宛てた手紙を、宝箱へ納めました。

宝箱
もとはこんな感じなんですが、宝箱というからには、少しデコりたいですよね?

宝箱製作中
少し貼り付けるだけでらしくなりましたが、

未施錠宝箱
宝箱裏面

鍵もついていて(別にロックがかかるというわけではないですが…)
施錠済み宝箱
鍵をかけるとこんな感じになります!

手紙セット
手紙を入れた宝箱
手紙セットにそれぞれ1年後の自分への思いを託し、最後に鍵をかけました。
手紙は3月に書いたのですが、この春から数年間遠方へ行ってしまう生徒さんには、1年後郵便でお届けしようと考えています

10年後であれば、「何してますか?」とか「〇〇になれましたか?」というお約束のパターンになりがちですが、1年というのは逆に難しいなと思いました。来年も再来年も、皆さんが楽しんで教室に来てくれれば、それで十分ですね\(^o^)/

久しぶりの旅行記です(後編・尾道と広島駅)

福本渡船

こちらの風景にピンとくる方はいらっしゃるでしょうか?(たぶんこのブログを見てくれている方には少ないと思いますが…)そう、「龍が如く6」に出てくる尾道の風景です。ゲームでは怪しい漁に出発できますが、実際には向島という文字通り尾道の向かいの島に渡ることができます。時刻表を確認すると「頻繁に運行」というあまり見たことない表記が。そんな山手線みたいな(あれもダイヤは決まってるし)と思っていましたが、本当に2~3分で船がやってきました。下船時に向島側の料金所で運賃を支払うのですが、なんと60円という安さでした。

また尾道側へもどって、街を散策してみます。
まず、駅前のラーメンたにさんで腹ごしらえです。
尾道ラーメン
日替わり定食にしました。たしか850円くらいでしたが、美味しいしすごいボリュームでした!

おやつとやまねこ
こちらもゲームの中に登場した、尾道プリンのお店「おやつとやまねこ」さんです。ゲームの中では、男らしい主人公“桐生一馬”が、「うまいな!」と言いながら食べるのですが、伺った日はたまたま店休日で、頂くことができませんでした。(ちなみに筆者は、全く男らしいタイプではなく、また普段は乗り物や街づくりシミュレーション系のゲームばかりしています。)

尾道駅前の放浪記像
尾道は、放浪記で有名な林芙美子さんが青春時代を過ごした地であり、駅の近くにはこんな像もあります。

放浪記の冒頭部分では、

私は宿命的に放浪者である。私は古里を持たない。(中略)――故郷に入れられなかった両親を持つ私は、したがって旅が古里であった。それ故、宿命的に旅人たびびとである私は、この恋いしや古里の歌を、随分侘しい気持ちで習ったものであった。――

とありますが、やはり実質的な故郷は尾道だったようですし、門司港に林芙美子記念館があり多少のバックグラウンドを知っている(つもりでいる)者としては、こんな街なんだという感慨深さがありました。

続いて、千光寺を目指してロープウェイに乗ろうと思いますが…。訪問した12月の中旬は、ロープウェイが保守点検のため全面運休でした(;д;)ということで、自力で登ります。
千光寺踏切

思ったより階段が続き、若干くじけそうになりましたが…

千光寺からの風景

登ったあとの風景は、とても壮観でした!

このあと、広島駅に戻り、ekie内の
揚げもみじ
にしき堂さんの揚げもみじや
あなざく活あなご
あじろやさんのお寿司を頂きました。あなごがおいしかった\(^o^)/特に、生のあなごは初めてだったのですがコリコリとした食感で脂ものっていて、とても感動しました!!

現在はオミクロン株が流行していることもあり、行くことは難しいですが、早く収束して、また遊びに行きたいと思います。

久しぶりの旅行記です(前編)

しばらく内容のある記事を(そもそも内容がある記事なんてあっただろうかと突っ込まれると困りますが…)更新していませんでしたので、暫くぶりに旅行記を書こうと思います。

ちなみにこちらの旅行記は2021年12月中旬に伺ったものですので、ご了承ください。
というのも、出かけたのが広島方面でこの記事を書いている2022年1月中旬現在では、コロナの感染者状況などが芳しくないのですが、なかなか見どころも多く、出かけた先で色々な方に親切にして頂いた楽しい旅でありましたので、せっかくなので没にせずに残しておこうと考えた次第です。(もちろん、現時点での観光を勧めるものではありませんので、状況が落ち着いてからお出で頂ければと思います)

少し前置きが長くなりましたが、今回は呉・尾道に行ってきました。

まず呉から。

戦艦大和1
戦艦大和2

呉には、呉港経由で松山へ行った際に立ち寄ったことがあったのですが、きちんと時間をとって観光するのは今回が初めてでした。まずは、大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)に入場です。駅と連絡通路で直結しているゆめタウンを抜けるとすぐに着きます!1枚目の写真、甲板上に人がたくさんいるように見えますが…修学旅行の学生さんですね笑

戦艦大和機関
リアルな展示にびっくりしましたが、大変そうなお仕事です!
その他にも、人間魚雷である回天についての展示など戦争と平和について考えさせられる展示が多くあり、決死を前提とする作戦をご法度としていたにもかかわらず、なぜこのような戦略をとるに至ったかという点については、大変興味深く拝見しました。

大和ミュージアムの次は、向かいにある「てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)」へ入ってみました。
実際に使用されていた潜水艦内を見学することができます。また、展示としては機雷掃海についてが中心でした。
そろそろどこかでご飯を食べようと思っていると…

あきしカレー

軽食のコーナーで、カレーが販売されていたので頂きました!その名も「あきしおカレー」!あきしおは、現在展示室となっている除籍された潜水艦の名前です。(なぜかあきしおの外観を撮り忘れたので、気になる方は検索してみてください)こちらのカレー、たしか1日の限定数が10食とか15食程度だったと思うのですが、最後の1食を頂くことが出来てとてもラッキーでした(^∇^)

今回は、マニアックな内容になりました… 後半は尾道編です。

☆あけましておめでとうございます☆

2022年鏡餅

新年おめでとうございます。
本年は寅年です。
長引くコロナ禍で思い通りにならないことも多くありますが、
千里を走る虎のように、力強く元気に行動していきたいと思っています。
本年も宜しくお願い致します。
プロフィール

鍋田智美(粋秀)

Author:鍋田智美(粋秀)
北九州市八幡西区黒崎駅前にある日本習字 黒崎駅前校のブログです。
教室の日々の様子や日々の出来事を、少しずつ更新しています。


漢字部(八段位)・ペン部・かな部 教授免許状
実用書道 師範免許状 取得

教室公式WEBサイト: http://suishu.jp

※当ブログ内の記事・写真の転載、無断使用は固くお断りします。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる